海外MBAの出願者が陥りやすい間違い

今やビジネスマンに「勉強」は必要不可欠です。
従来型の日本企業ではもはや世界との戦いには不十分な時代になってしまったのです。

何を学ぶのか

では、ビジネスマンは今何を勉強すればいいのでしょうか。
「勉強というのは一生続けるものだから、まずは好きなものから勉強を始めよう」という考え方でもいっこうにかまいません。
しかし「仕事へすぐに役立つのか」といったら、いささか疑問符を付けるほかありませんね。
何を学んで、仕事へどう役立てるのかと言うことがビジネスマンの勉強で最も求められる課題です。
ならば「MBA」を取得しようと考えるのです。

どこで学ぶのか

yjkutd
MBAというのは「経営学修士」のことをさし、実は日本でも取得することが十分可能なものです。
けれども、経営学の本場であるアメリカでの取得が最もおすすめです。
といいますのも、日本で生まれた経営学理論というのはそれほど多くはなく動機付け理論とか経営戦略論といった学者さんもアメリカの学説を紹介することの方が多いのです。

取るならばどうすればいいのか

アメリカでMBAを取得するためには「アメリカの大学に出願する」という手続が必要です。
簡単に言えば「もう一度学生生活を送り直す」ということに他なりません。
つまり「受験戦争に勝ち抜く必要がある」ということです。

偏差値志向の日本

ここで「受験戦争」といいますと、皆さんの脳裏には「あの受験をもう一度経験しなければならないのか」と苦い思い出が浮かぶかもしれません。
毎日のように予備校へ通い、いつまで経っても模試の成績が上がらず周りの友達はワンランク上の大学を目指しているというにもかかわらず自分はなかなかそこまでのレベルに至らなかったというような思い出があるかもしれません。
確かに、日本人の思考でいけば「受験というのは偏差値ありき」というイメージが強いものです。
しかし、MBAの出願においてはそれほど自分の偏差値というのは意味を持ちません。
もちろん入学の時に必要なテストでそれなりの点数を取らなければならないという現実はあるものの、必ずしもそれですべてあなたのことが評価されるというわけではありません。

せっかくのチャンスがあるのに

ytyjtd
実は、MBAを取得できるだけのチャンスがある人だけどMBAを取り逃しているという方は少なくありません。
「私がいくらがんばったところで、昔のように受験戦争で勝ち抜くチャンスはもうないだろう」と自分の能力に限界を設けてしまうのです。
こうした勘違いから、海外へMBAを学びにいける人がいけないという状況を作り出してしまっています。
他にも、「海外は多少ルーズでもいいだろう」とばかりにMBAの出願を適当に行う人がいらっしゃいます。
日本人のイメージから言えば海外というのは多少ルーズなところがあります。
ただ、あなたが今からしようとしているのは誰のためのことでしょうか。
もう一度胸に手を当てて考え直してみないと、MBAの取得は難しいかもしれません。

世界は広いから学びの門戸を広げておこう

とかく世界はとても広いのです。
MBAだってアメリカの大学で取得するのがベストですが、他の国の大学で取得したっていっこうにかまいません。
気をつけていただきたいのはこれからご紹介する、「海外の大学でMBAを取得しようとしている人がおかしがちな間違い」をしていただきたくないと言うことです。
もしも今、出願しようかどうか考えているという人に是非ご覧いただきたいと思います。
MBA通信
■MBA マサチューセッツ大学MBA

新着情報

◆2016/04/25
海外MBAの出願者が陥りやすい間違いの情報を更新しました。
◆2016/04/25
GMATは一体何のためにやっているかご存じですか?の情報を更新しました。
◆2016/04/25
出願書類が受け取ってもらえないMBA志願者とはの情報を更新しました。
◆2016/04/25
期限を決めて計画を立てないとMBAは取得できないの情報を更新しました。
◆2016/04/21
当ホームページ運営人を新規投稿しました。