期限を決めて計画を立てないとMBAは取得できない

私たちは社会人になれば当たり前ですが、仕事をしてお金を稼いでいくことになります。
しかし途中で「MBAを取得して、よりよい会社へと転職しよう」とお考えになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

向上心はすばらしいこと

働いている最中にそうして勉強をしようと考え、MBAを取得するまでの流れをお調べになることは大変にすばらしいことです。
実際、MBAを取得するためには会社がお金を出してくれない限り会社を退職して自分でアメリカに行く必要がありますね。
となりますと、それなりに自分の計画を立てておかなければなりません。

計画をきっちり立てないと流れてしまう

MBAを取得するための計画を立てておかないと「いつか取得したい」という状態になってしまい、そのいつかが一生とおずれないという事態に陥りかねません。
ある程度いつ会社を退職して、いつ渡航していつまでにMBAを取得し、どんな会社へと転職するのかと言うことを考えておかなければなりません。

時間がいつまでも残されているわけではない

「計画なんていつでも立てられるからあとでいいや」と考えていると、あっという間に時間だけが過ぎていきます。
年を重ねれば年を重ねるほど、新しいことを覚えにくい頭になっていきます。
それに就職の時にだって年の人よりも若い人を採用したいというのが会社の本音です。
時間がそれほど残されていない中で、計画を立てないと言うことはMBAを取得しようとしないことと同義です。

期限を決めよう

計画を立てる際には是非「これはいつまでに成し遂げる」という期限を設けてください。
期限はあくまで自分との約束に過ぎませんが、自分との約束を守るというのには自分の心を鍛えるという訓練も出来るのです。

関連する記事